腰痛ベルトの選び方
ベルトにも種類があって、何を選んだらいいのか迷いますね。

まず、症状から選択する方法です。
重度の腰痛、ぎっくり腰、ひどいヘルニア
痛みが強い時は腰が動かないように強く固定できるタイプを選びます。
腰を固定する事で痛みを出にくくします。
ベルトの種類は2重ベルト式(ベルトの上から更に別のベルトで固定するタイプ)
がお勧めです。2重なので強く固定できます。

ひどい腰痛の時は、ベルトを強く締めようとしても痛くて力が入らない時があります。
そんな時でも強く締められるのが、滑車構造タイプのベルトです。
滑車構造なので、軽い力で腰をギュッと締め付けられます。


当店のお勧め商品

プロハードスリム
(2重ベルト、スリムタイプ、滑車構造)

プロハード
(2重ベルト、滑車構造)



 
中程度の腰痛、慢性的なヘルニア

中程度の場合、固定力は強くなくても構いません。筋肉や腰の軟骨(椎間板)の負担を軽減し、
回復させる目的でベルトをします。

痛みを少しでも軽減し、早く回復させたいのなら、筋肉にテーピングをして、腰痛
ベルトをするのがお勧めです。
テーピングに自信のない方は、テーピング効果のあるスパッツをはき、ベルトをす
ると効果的です。テープはかぶれますが、スパッツはかぶれないので、毎日使える
点がメリットです。

当店のお勧め商品

スリムハード
(2重ベルト。もっとも一般的なタイプ、白色)
ストレイン
(2重ベルト、もっとも一般的なタイプ、黒色)
ハイウエストハード
(2重ベルト。背部がワイドタイプ)
シルエット
(2重ベルト。極薄素材で蒸れにくい)

 

また、上記のベルトに下記を併用するのも効果的です。

膝・腰テーピングスパッツ
(膝から骨盤のテーピング効果と保温効果)

 骨盤リフティングスパッツ
骨盤のテーピング効果)

 

スポーツ時や良く動く方には動作制限の無い腰痛ベルトがお薦めです。
腰をギュッとワシ掴みにした感覚で支えますが、動作制限はありません。

バックインパクト
(テーピング効果で、動作制限の無い腰痛ベルト)



が動きを妨げませんのでお勧めです。 

 
軽度の腰痛、軽いヘルニア、腰痛予防
腰の固定よりも、動きを助けるタイプを選びます。
腰に自信がついてきたなら、骨盤ベルトで骨盤を安定させるのも良いです。腰の負担
が減り、動きやすくなります。
中程度の対策と同様にテーピング効果のあるスパッツもお勧めです。予防にもなりま
す。
慢性腰痛の場合、腰の筋肉が硬直してる場合もあるので、その場合はロイヤルトップを
併用して硬直対策をすれば、腰の張り・鈍痛に効果的です。

当店のお勧め商品
プロソフト(1重ベルト、使い捨てカイロのポケット付)
バックインパクト(テーピング効果のサポーター)
骨盤リフティングスパッツ
膝・腰テーピングスパッツ
バリツイ(最高固定力の骨盤ベルト)
プレミアムバックベルト(最高固定力の骨盤ベルト&ずれにくい)
ダイヤソフト骨盤バンド(骨盤ベルトのソフトタイプ)
骨盤ヘルパー(力の無い方でも楽々装着)
スリム仙骨ベルト(高吸湿素材でムレ・臭い対策)
ロイヤルトップ (コリ・張りの改善)

 

一般的には上記の選択方法で構いません。
ですが、私は整体師なので整体師の目から見た選択方法もご紹介します。
(痛みが強い人は重度の腰痛用ベルトをして、更に下記を参考にして下さい)


問題は痛みの原因がどこにあるのか? です。
腰が痛くても原因が他にある場合、なかなか治癒しません。
厳密には専門家に見てもらわないと分かりませんが、一般の方でもある程度、
予測を付ける事ができます。


座り仕事の方
  長時間座っているのは、腰に大きな負担がかかります。この場合は骨盤ベルトよりも
  腰痛ベルトがお勧めです。

立ち仕事の方
  腰から下で弱い所があると腰に余分な負担が掛かります。例えて言えば、はしごに
  登っている時に地震にあう様なものです。そんな時は凄く恐いですよね。

  腰も同じです。膝、足首などを痛めていたり、過去に痛めて弱っていると腰の負担が増え
  ている可能性があります。そんな時は、そこにテーピングやサポーターをして下さい。
  腰痛の回復を早めます。(当店では膝のサポーターを準備してあります)
  女性や運動不足の方は、大腿(太もも)やお尻の筋肉が弱っている可能性があります。
  そんな方にはテーピング効果のあるスパッツを準備してあります。

骨盤が大きめの方
  女性は男性より比較的、骨盤が大きいのですが、骨盤が大きいと腰が振れやすく、腰
  に負担がかかります。
  そういう場合は、骨盤ベルトをつけると腰が安定し、腰痛予防・改善に繋がります。
  また、出産後は骨盤が緩んでおり、腰痛や恥骨痛になりやすい状態です。この場合も骨
  盤ベルトがお勧めです。

偏平足の方
  偏平足は体重を上手く支える事ができず、バランスが悪くなります。腰痛があると、それが
  改善を遅らせる場合があります。
  靴に土踏まずを支えるインソールを入れて下さい。